代表選手のあなたへ

2014-08-22

選ばれたあなたへ

カウンセリングの場まで辿り着く人は、『代表選手』です。

そのクライアントさんの家、つまり『○○家』の親の代、そのまた親の代から、

連綿と受け継がれる連鎖の鎖を断ち切る使命を持った、期待の星なのです。

カウンセリングの入り口になった悩みは様々でも、結局行き着く先は親子関係です。

親との和解は、幸せな人生のために必要不可欠です。

親を恨むことは、ひいては宇宙を恨むことと同意です。

宇宙を恨むことは、私たちの存在そのものを否定することにもなるからです。

よく『親に謝罪して欲しい』と言う方がいらっしゃいます。

その気持ち、とってもよく分かります。私も長いことそう思っていたからです。

だけど、仮に大人になったあなたが立場逆転して親に詰め寄り、

謝罪の言葉を言わせたとしても、きっとあなたは幸せにはなれません。

相手に無理矢理言わせたって、心は満足できないから。

親の方もなかなか素直にはなれません。なぜかって?

親は親として、

「どの瞬間にも我が子にとって最善と思われることを、選択してきた」

という、絶対に譲れない思いがあるからです。

「謝罪して欲しい」というのは、

「あなた方は間違っていたということを、認めろ」ということです。

それには

“あなた方が私を本当に愛していたのなら、私が本当に求めていたことをわかって、そのようにしたはずだ”

という裏のメッセージが隠れているのです。

つまり、親が謝罪するということは、イコール「親である私が間違っていた」と、

さらに、「私はあなたを本当に愛してはいなかった」と、認めさせられることです。

それは酷です。

間違った方程式

file0001330166183親の選択は、確かに間違っていたかもしれない。

だけど「愛していなかった」のではないのです。

あなたを心から大切に想っていたからこそ、そうしたのです。

たとえその親が未熟な存在で、未熟な選択だったとしても、そうだったのです。

親が「自分が間違っていた」と認めることの難しさは、ここにあるのではないかと思います。

『私は間違っていた=私は(あなたを)愛していない』

最愛の我が子に、そんなことは絶対に言いたくないはずです。

自分の愛情を偽りにしたくないのです。

あなたに質問します。

『間違っていた』ことと、『愛していない』は、本当にイコールですか?

この方程式こそが、実は先祖代々受け継がれて来た誤った考え方なのです。

だから、こう言った方がいいのではないでしょうか?

私はあなた方(親)に、本当は愛されていた。

けれどもあなた方の選択には、間違っていた部分もあった。

そのことによって、実は私はとても傷ついていたのだ……と。

無償の愛を注いでいるのに、それを否定される親の辛さは、本当に辛いものだと思います。

親になったことのない私にもそれが分るように、

宇宙はちゃんと私の人生にも必要なシナリオを用意してくれていました。

それは、どんなに愛情を注いでも、けっしてそれを信じない人と出会うこと。

そしてそれを信じさせようと、必死になる私と彼の戦いの日々です。

それは長く長く、お互いにとってとても辛いものでした。

ある日気づいたのは、『その人は私自身の鏡だった』ということです。

それに気づいた時、私は憑き物がポロッと取れたのです。

私がずっと責め続けて来た私の親は、どれほど悲しかっただろう……? 

本当に大切な愛している相手に「偽善者!」と罵られる苦しみを、その瞬間に理解したのです。

親の親としての絶対に譲れない思い。

「どの瞬間にも我が子にとって最善と思われることを、選択してきた」

これは、認めてあげて欲しいのです。

観念のバトンリレーを終わらせる

BXP135677親のまた親、祖父母のまた祖父母。

このテーマは、きっとどこまでも遡ることが出来るのではないかと思います。

だから、今ここに生きているあなたが、この連鎖を終わらせて下さい。

みんなみんな、愛していたのです。だから命は受け継がれてきているのです。

もしも本当に、あなたを愛していないのならば、その人はとうの昔に、あなたから去っていったでしょう。でも、今もその人たちはあなたの親としてそこに居るのです。それが事実です。

その “やさしい事実” をあなたが受け入れた時、

きっとあの世では、○○家のご先祖さまたちが拍手喝采してくれています。

そして、あなたを本当に愛していたのなら、が本当に求めていたことをわかって、そのようにしたはずだ”

このように誰かを責めることも、もう止めて欲しいんです。

このセリフは、実は、あなた自身の首をも絞めるからです。

主語を反対にしてみてください。

あなたを本当に愛していたのなら、あなたが本当に求めていたことをわかって、そのようにしたはずだ”

どうですか?

私たちは、誰かをとても深く愛することが出来ます。

でも、自分以外の誰かの“本当に求めていること”を、

まったくそのとおりに理解することなど、エスパーじゃない限り不可能ではないですか?

つまり、

『愛していても、その人の望むことをそのまましてあげられないことがある』

という現実を、ありのままに認めなくては、

あなた自身の人間関係が親密になればなるほど、苦しくなるのです。

相手がちょっと不機嫌になっただけで不安になったり、

自分のやり方が間違っていたのではないかと、あれこれ悩んだり、

自分を犠牲にしてまで、相手に尽くしてしまったり……。

そうして手に入るのは愛情ではありません。

『こんなに頑張ったのに!どうしてわかってくれないの?』という、怒りと無力感です。

もしも今、そんな状況であなたが苦しんでいるのなら……、あなたは○○家の代表として、選ばれた人です。あなたが本当の連鎖に気づくことで、今生きているあなたの家族もきっと変わります。

愛の連鎖に気づくと、本当に人生が幸せに変化していきます。

関連記事:無償の愛

     無償の愛2

     無償の愛3

     無償の愛4

     無償の愛5

     分からなくていい。


Copyright© 2014 LIGHTHOUSE カウンセリングルーム All Rights Reserved.