自分への関心

2014-08-09

他者からの『関心』

人は自分への『関心』がなければ、生きていけません。

人生とは、この『関心』を求めてがんばること、とも言えるかもしれません。

私たちが一番辛いこと、それは『無視』です。

つまり、『自分への関心』を絶たれた状態のことです。

人からの関心を持たれない、というのは、すなわち、「あなたは必要ない」ということ。

自分の存在価値を、全く感じられないことほど、辛く苦しいことはありません。

だから、私たちは関心を求めます。

そのために他者の心を読み、ニーズを満たそうと、期待に応えようとします。

その見返りとして、自分への『関心』を得られると思うのです。

「ありがとう」

「助かったよ」

「あなたのおかげ」

「がんばってるね」

そういった言葉をもらって、自分の存在価値を確かめます。

ところが、もらえなかった時は、損したような気がしたり、相手を恨んでしまったりもします。

問題は、「それ以外に関心を得る方法はない」と、思いこんでいることです。

でも、それは違うんです。

他者からの『関心』は、もちろん嬉しいものです。

けれども、私たちが忘れがちなのは、自分からの『関心』です。

自分からの『関心』

自分が自分のニーズに気付き、それを満たしてやり、優しい言葉がけをして、気遣ってあげること・・・。

それはいつも、あなたが他者からもらいたいと、思っていることではありませんか?

そして、あなたがいつも、他者にやってあげていることではありませんか?

では、それを自分にはしてあげていますか?

人に『関心』を注ぎ、その代わり自分への『関心』をもらおうとする、

そんな回りくどいやり方はしなくてもいいじゃないですか。

自分に『関心』を持って、プラスのストロークをたっぷり注いであげてください。

人からもらえるのを待つだけじゃなく、自分が自分にあげていいんです。

あなたには価値があります。

それを、まず自分が認めてあげてください。

そうしたからって、何も損はしません。

そこには見返りも必要ありません。

“自分がうれしい” だけで、いいのですから。


Copyright© 2014 LIGHTHOUSE カウンセリングルーム All Rights Reserved.