母娘関係を乗り越えて(手記) K・S様・女性30代

2015-04-25

関東にお住まいのK・S様から手記をいただきました。ありがとうございます(*^-^*)。
傷ついたインナーチャイルドの癒しに取り組み、母娘関係・パートナーシップの問題を見事に乗り越えられました。
カウンセリング期間は8ヶ月、電話でのセッションを25回受けていただきました。

問題解決後も、心理の個人レッスンとしてカウンセリングを継続し、意欲的に学ばれています。
手記全文の公開をお許しいただきましたので、どうぞお読み下さい。


インナーチャイルドの叫び

20150425「回復したくない」

私の中から聞こえてきたこの言葉が、心理カウンセリングを受けるきっかけとなりました。

それまで、母娘問題を抱えて現実を苦しく生きてきた私は、「早く癒されたい、苦しみから抜け出したい」その一心で心理系の本を読んだり、いくつかのセラピーやセッションを受けてきました。

そして、その度に「もう癒された」と思っていたのですが、それは暗示に過ぎず、苦しい現実は何も変わっていなかったのです。

それどころか、癒されたと思い込む私に、感情はとうとう怒り、反旗を翻してきました。
その心の叫びが「回復したくない」の一言だったのです。
癒し・回復を求めて右往左往してた私は、その言葉にとてもびっくりしました。
でも同時に、ほっとしたのを覚えています。
「癒された、私はもう大丈夫」そう思っている頭の片隅に、「癒されていない自分」がいるのをどこかで分かっていたからです。

「これはもう本格的に自分と向き合わないといけない」と思い、心の叫び=インナーチャイルドについて調べていたところ、三浦望さんのブログと出会いました。

インナーチャイルドの怒りや、心のカラクリ、負の連鎖・・・。ポジティブさが支持されている昨今に、ネガティブの大事さを説くブログの内容に、ポジティブ信者となっていた私は衝撃を受け、この方に託してみたいと、カウンセリングを受ける決心をしました。

カウンセリング前は、自分と向き合う怖さから、不安が大きかったのですが、いざスタートしてみると、私の話に耳を傾けてくれ、共感してくれる物腰柔らかなカウンセラーの望さんにすぐに大変な安心感を覚え、今まで誰にも話した事のない私の苦しかった気持を打ち明けることができました。

そして、打ち明けられた自分の勇気と、聴いてくれる人がいる安心感に背を押され、カウンセリングの回数を重ねるごとに、溜め込んでいた感情が、薄皮をはがすように、姿を現し始めてくれました。

20150425-2当初は、寂しい、悲しい、辛い、怒りなど、出てくる感情を受け止めるのに精いっぱいでしたが、じっと寄り添うようになれると、その感情から、当時の気持ちや記憶が心の中から鮮やかに湧きでてくるようになり、「あ!だから寂しい、と思ってたんだね」とその理由が分かってきました。

理由が分かると、「そうだよね、それはすごく寂しかったよね」と、心の底から共感し、慰めてあげることができるようになりました。この感情の解放こそが真の癒しの始まりであり、望さんが私に合わせて作ってくれたオーダーメイド心理カウンセリングの真髄なのだと、体で理解した瞬間です。

心理カウンセリングの存在は、癒しを求めた当初から視野には入っていましたが、早い回復を求めていた私は「時間がかかりそう」という印象で、見て見ないふりをしていていたような気がします。

でもこの体験をしてしまうと、感情を扱うには丁寧に時間をかけることが大事なのだ・・・、と自然に思うようになり、早い回復から丁寧な回復へシフトチェンジし、母娘問題の山にアタックしていきました。

出てくる感情を抱き締め、慰め続けると同時に、母について弱い部分も含め理解し、認め受け入れていくことで、未来永劫変わることがないであろうと思っていた母へのこじれた思いが、ゆるゆるとほどけ始め、最後の一本がほどけると、私は母の精いっぱいの愛の中で成長してきたという真実が待っていてくれました。

辺り一面真っ暗闇で始まったカウンセリングは、私の足元を、周囲を、道の先を、望さんがカンテラで明りを灯し、共に歩き続けてくれることによって、パワフルな真実に辿り着き、私の苦しかった心は母への感謝と共に癒されたのです。


「変えようとしないこと」で変化は起こる~パートナーシップへの挑戦

20150425-3この後、パートナーとの問題へと課題は移行するのですが、母娘問題を乗り越えた自信から、しっかりとした足取りで取り組み始めることができました。
“パートナーを変えることなく、私が変わること”を学んでいった今、新たなるいい関係性が築きあげられ始めてきているように感じています。
この関係性も当初は想像もできなかった現実です。

カウンセリングによって自分と向き合うことは、一歩一歩、気付いていない自分へ近づくことで、その一歩の歩幅は小さくても、一歩の積み重ねが確実に自信や成長に繋がっていくものなのだ・・・と、身をもって実感しています。
それを感じることができ、今、本当に幸せです。

これも、心理カウンセリングを通して、誠心誠意、自分と向き合ったからこそ得れた恩恵だと思います。
また、カウンセリングを通して得た気付きや、伝授してもらった心理学のアイテムは、頑丈な柱となり私を支えてくれています。

毎回、惜しみない愛を持って見守り導いてくれる望さんと、深いところで繋がりながらの涙あり、笑いありのカウンセリングに出会えて私の人生は変わりました。
これからは「カウンセリングって様々な素敵な真実に出会えるんだよ」と自信を持って周囲に伝えていきたいな、と思っています。

2015.4.15 K.S


Copyright© 2014 LIGHTHOUSE カウンセリングルーム All Rights Reserved.