夫婦関係・親子関係の悩み相談 M様・女性40代-1

2014-08-13

「どうしよう、どうしよう」

先日はありがとうございました! 本当に助かりました・・・!

生きた心地がしない時間を短くしてくださり、的確で丁寧なアドバイスをありがとうございました。

あのあと、『落ち着いて謝る』と決めたので、無事に細かい用事を済ませられました。

もし、その落ち着きを得られなかったら、私は混乱したまま自動車の運転も危なかったと思います。

夫とは無事仲直りできました。夕方メールしたのです。

「ごめんなさい、帰ってきてください。さみしいです」と。

そしたら、(普通に帰る予定です。そんなに自分を責めないで)と返事がきました。

この時、どれ程うれしかったか・・!

やっと深呼吸できた気がしました。夫は優しすぎないか? とも思いました。

帰ってから話を聞くと、夫は「自分も大人げなかった」と言っていました。

その日、会社でもトラブルがあり「何かトラブルの起こりやすい日なのではないかな・・」と言っていました。

今回、主人の価値についてあらためて感じました。

もっと大切にしないといけないな・・

『どうしよう、どうしよう?』読みました。

私はこの言葉をよく言います。

『どうしよう?状態』がこわくて人と会いたくないんだ、と今気がつきました。

とっても怖がりですし(汗汗)

それで「どうしよう?」となってしまった時、夫に他人の目線で「大丈夫」と教えてもらっていました。

私がその状態になると、娘は、耳をふさいで隠れるような感じになってしまいます。

とてもかわいそうです。

今書いていて気付いたのですが、怖さが私を苦しめ、生きづらくしているみたいです。

幼稚園行事などで気ぜわしくご報告が遅れてしまいました。

色々なことがあったので、あれだけの恐怖を感じて起承転結したことを、先生のブログを見て(あ・・)と思い出しました(笑)

よかったです・・!! 忘れてしまうくらいに小さくなって!

本当に感謝しています・・! ありがとうございました!


Copyright© 2014 LIGHTHOUSE カウンセリングルーム All Rights Reserved.